債務整理のメリットについて紹介



債務整理とは

債務整理という言葉は聞いたことがあっても、具体的にどのような手続を行うのかを知らない人は多いと思います。債務とは借金のことで、債務整理とは、金額が膨らんでしまい、当初交わした契約通りには返済出来なくなった借金を整理する手続のことです。多くの場合、弁護士など、専門家にお願いして手続を進めます。当然、弁護士費用が発生しますが、個人的に話を進めようとしても債権者は応じないことが少なくないようですので、専門家に依頼するのが無難と思われます。手順としては、まず各債権者から取引履歴を取り寄せて現在の債務額を確定し(過去に高い金利で返済していた場合は過払い金が発生していることもありますが、それはまた別の話になります)、その残債務額を一括または最高60回の分割返済にて支払う約束(和解と言います)を、債権者との間で取り交わすのです。実際には、一括で支払える債務者はあまりいませんので、ほとんどが分割返済になります。結局支払うなら、手続してもしなくても同じのように感じるかも知れません。しかし、債務整理の最大のメリットは、将来利息が付加されないところにあります。当初契約通りに支払う場合は、支払い金額には元本と利息が含まれていますが、債務整理で和解内容に従って支払っていく場合には、和解日以降の利息が発生しないので、支払い金額は全て元本に充当されることになり、その結果、早く完済出来るのです。借金が早く完済出来れば、経済的な再生も早くなるので、債務者の生活再建のためにも、非常に有効な手続であることは確かです。

債務整理の様々な種類

借金をするとその元金はもちろん、利息も返済していかなくてはいけません。借金があっても順調に返済を続けている人もいれば、何らかの理由で返済が厳しくなってしまい悩まれている方もまたいらっしゃるものです。でも、返済が厳しいからといって、返済のために新たに借入を行うようなことは避けたいものです。複数の借入がある場合はおまとめローンなどで借金を一本化していけば、管理も楽になり、支払う利息が減らせることもありますが、それでもまだ返済が厳しいのであれば債務整理も考えていきましょう。債務整理とは借金を整理し、より返済を楽にしていく解決方法です。よく選ばれている方法では自己破産が有名で、裁判所で支払能力がないことが認められたら借金の返済を免れることができます。借金はなくなりますが、そのかわり価値ある財産は失うなどの条件もありますので、内容についてはよく理解してから行うようにしたいものです。そして安定した収入のある方なら任意整理で借金を減額してもらい返済していく方法もありますし、マイホームを守りながら返済したい場合は個人再生という方法もあります。借金の内容やその人の経済事情により合う方法は違いがありますので、それぞれの特徴をよく理解し、最適な方法で借金を整理していきたいものです。そして、債務整理の手続は個人で行うのは難しい面もありますが、弁護士や司法書士などの専門家がしっかりサポートしてくれますので、相談してみるのもおすすめです。